前へ
次へ

交通事故は原因がはっきりしている

わき見運転やあせり運転など、交通事故を招きやすい運転方法はたくさんあります。
最近はスマートフォンでゲームをしながら運転するなど危険極まりない車の使い方が流行していますが、これは論外です。
道路交通法にある模範的な道路の使い方をきっちり守るのは大変ですが、幼児期から学んだ道路の安全な使い方は誰にでもできます。
それを面倒だと考えるか、必要なことだと考えるかで交通事故に遭遇する確率は大きく変化します。
年齢を重ね日常生活がマンネリ化している人ほど自分だけは安全だと思い込みがちです。
しかし、根拠のない自信ほど危険なことは間違いない事実でして、安全は決してぼんやりしているだけで手に入るものではありません。
交通事故の原因ははっきりしており、それを避けるためには余裕をもって行動することや常に安全を意識した立ち回りをすることが大事です。
無茶な運転、無茶な行動をとらなくなるだけで事故の確率はぐんと減りますので、まずはそこから意識してみましょう。

Page Top