前へ
次へ

交通事故にあわないためにできること

明日の自分がどう生きているかなど誰にもわかりませんが、今日を無事に生きるための努力をすることは誰にでもできます。
交通事故にあいたいと思って生活している人は普通の考え方をしているならば存在しないでしょう。
車を運転していても自転車を運転していても、トラブルに巻き込まれる確率は残念ながら高いです。
一番安全なのは外出しないことですが、社会人として生活していると、どうしても外に出なくてはなりません。
交通事故は歩道を歩いている時でもお店の駐車場にいる時でもどこでも起こり得るところが怖い点です。
たとえ自分が万全な形でいても、暴走車に巻き込まれることもあります。
子供は安全認識が低いので、すぐに車道に飛び出したりしますから、保護者としてついている場合は目や手を離さないようにしましょう。
交通事故にあわないためには外は危険なのだと認識し、過剰なまでの防衛はしないまでも、しっかりと安全を確保した行動をとりましょう。

Page Top