前へ
次へ

交通事故にあわないためにできること

明日の自分がどう生きているかなど誰にもわかりませんが、今日を無事に生きるための努力をすることは誰にで

more

交通事故を防止する策で悩んだら

気を付けるだけで交通事故が防げたら誰も苦労はしません。
世の中にはいろいろな人間がおり、交通ル

more

交通事故を防止するための車にカスタマイズ

あまりにも防衛を意識して車をチューンするとおしゃれでなくなったり燃費が悪くなったりして車本来が持つ機

more

交通事故を起こさないための予防策

車やバイクを運転している時に一番注意しなければいけないのは、他の車やバイクなどに接触したり、歩行者や自転車をひかない事です。
そこでこのような交通事故を起こさないためには、日頃から予防に徹する必要があり運転している時に油断しないように注意します。
まず、予防策の1つが自分の体調を調えておく事です。
事故を起こしてしまう原因の1つに体調不良があります。
例えば疲労が蓄積されていると運動神経が鈍くなってしまい運転ミスを起こしやすいです。
さらに、睡眠不足だと運転の途中で眠たくなってしまうことがあります。
特に長時間運転していると疲れて睡魔が襲ってくる頻度が多くなります。
もし睡魔が襲ってきたらすぐに運転を中止して体を休ませるようにします。
高速の場合だと、パーキングエリアなどを利用して程度に運転による疲れを取りながら運転していくようにします。
また、体調が悪いと感じたらその日は運転しないようにします。
このように、体調と事故は密接な関係があるので日頃から体調管理に注意します。
また、交通事故の予防のためには運転慣れしない事が大事です。
運転免許を取得した時は、慎重に運転する事が多いです。
しかし、長年運転していると次第に運転に慣れてきて運転に対する注意力が鈍ってしまうことがあります。
この注意力の鈍さが事故を起こしてしまう原因になります。
運転する時は、初心を忘れずに教習所で習った事を守りながら運転していきます。
特に多いのが前方や左右の確認不足やスピードの出し過ぎです。
特に慌てている時は、スピードを出してしまうことが多くなります。

事務代行やトラブル対策も山梨県の社会保険労務士へ
面倒な業務の代行依頼お任せください

スピードの出し過ぎは、運転の難易度が高くなり何かしら問題が起こると対処出来ない事があります。
また、雨天時はスリップの事を考えて晴れの時よりもスピードを落とす必要があり、雪が積もっている地域を運転する時はチェーンなどを活用してスリップしないようにします。
雪が少ない地域で雪が積もるとスリップや接触事故などの交通事故が起こりやすいので、雪に慣れていない人は特に注意します。

Page Top