前へ
次へ

交通事故で被害を受けた場合に取る行動

交通事故で怪我をしてしまった場合は、どんなに軽い事故だったとしても速やかに取るべき行動があります。
まず本人の体の状態についてです。
事故にあった時は大した事がなかったが、後から重大な障害が起きてしまうという事もよくあるのです。
最悪の場合は後遺障害が残ってしまうと、後の人生が非常に難しいものになってしまう可能性もあります。
ここで交通事故が、物損事故になっているかどうかの確認が必要になってきます。
物損事故だと保険会社から治療費等が支払われない可能性が出てきてしまい、後の治療費が自腹になってしまいます。
警察が扱いを人身事故にしているかどうかの確認はしっかりしておかないと、法律上では人に被害を与えていないことになるので、被害者側に大きな不利益が起きてしまいます。
また治療中の後遺障害等級認定も慎重に行う事が重要です。
認定は保険会社が進めていく方法と、弁護士が進めていく方法の2種類があります。
前者はスピーディーですが、保険金支払いの観点から等級に対してシビアです。
交通事故に強い弁護士に頼むと、法律に照らし合わせて被害者に最善の等級申請をしてくれるメリットがあります。

Page Top