前へ
次へ

交通事故と車の便利さの兼ね合い

道路はただそこにあるのではなく、さまざまな法律によってつくられています。
私も車に乗るようになって道路の見方が変わりましたし、運転している時と歩道を歩いている時でかなり心構えが違ったことを実感しました。
交通事故は運転していてまず最初に気を付けなければならないことを怠った結果起こることが多いです。
車は便利ですがバックの安全確認や方向転換時の安全確認など、常に安全であることを認識する努力がつきまといます。
車の便利さは使ってみればわかりますが、自転車とは雲泥の差があります。
しかし、それに甘えてしまっては交通事故の危険性は増すばかりです。
自分が車を制御し、しっかりと安全を確かめられるだけの能力を持っているのか常に認識し続けることが大事です。
いくらカーナビや車間調整システムがあっても自動運転の車に乗っていても、交通事故の危険を常に考えることは今後も重視されるでしょう。
それは道路を使う人の宿命とも言うべき問題だからです。

Page Top